時計内部機械の動作をご覧下さい!!

2009年10月14日


時計内部機械の動作がご覧いただけます!!
なかなか見る機会がございませんので、是非ご覧下さい。
ちなみに、ここでご紹介されている「ゼニス」についてご紹介致します。
1865年、22歳のジョルジュ・ファーブル・ジャコがスイスのル・ロックルに開いた「マニュファクチュール・ド・モントル」に始まります。時計の自社一貫生産システムを作り上げ、大成功を収め、世界各国に販路を広げました。
1900年、新しく開発したリューズ巻きムーブの名称を『ゼニス(天頂)』とし、1911年に社名も「ファブリック・デ・モントル・ゼニス」にしました。
その後数々のコンテストでも優秀な成績を残しました。
そして1969年、ゼニスの英知の結晶『300PHC/PHF』発表しました。
これが自動巻きクロノグラフとして専用設計された『エル・プリメロ』です。
『エル・プリメロ』は、毎時3万6000振動という高振動機械で、その動力確保のため「センターローター方式」を採用しています。
またクロノグラフ制御はコラムホールで行ない、リセットの際クロノグラフ30分積算計の送りツメのかみ合いを防ぐためスライディングギヤが取り付けられています。『エル・プリメロ』は専用設計されたため当初から完成度が高く、『No1』を意味するこの『エル・プリメロ』で不動の名声を手にしたのです。
1970年代半ば、クォーツの台頭を受け一度は生産中止になりましたが、1980年代に機械式時計が見直されると、この名機も復活し、以後ゼニスはエルプリメロを軸に次々と傑作を発表しました。
1999年、LVMHグループに加わり、ラインナップ全体に高級化が図られました。
シースルーバックだけでなく、文字盤から『エル・プリメロ』の動きが見られる『オープン』の世界的な成功に続いて、2006年には、『デファイ』を発表しました。
『オープン』などで実証済みの高いデザインセンスに、陸,海,空といった全てのシーンに対応可能なハイスペックを融合させた最強のスポーツシリーズです。
このように高度な技術力と高品位な仕上げと独創的アイディアをプラスして、時計界に新たな旋風を巻き起こすことは間違いないでしょう。
当社でも取り扱いしておりますので是非お気軽にお問合せ下さい。


宝石・時計いのうえダイヤモンド 会社概要 アクセス
【本社】〒812-0026福岡市博多区上川端町13-15安田第七ビル9階
営業時間:AM10:00~PM18:30 日・祝日:不定休
0120-844-111 お問い合わせ


婚約指輪 喜平ネックレス 宝石修理・リフォーム 腕時計修理
結婚指輪も低価格で! 喜平ネックレスが激安価格! リフォームもご相談下さい 他店で断られた時計修理も


Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 時計内部機械の動作をご覧下さい!!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]